読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一年以上経っちまった。。。。

さて、一年以上振りの記載

今日の体重は、76.8kg

ずいぶん、太っちまった。。。(涙)

 

前回が2016/01/04

今日が2017/03/07 ...

一年以上振り。

 

ちょっと言い訳言わせてもらうと、息子が中学受験をしていた為

一年間一緒に戦ってた。。。って事にしておこう。

この体験記的なものも、それなりに面白く作れるのでは?って思っているので

いずれ下に控える娘にも使える様、まとめようと考えているが、

今回は簡単に結果含めて一年間の流れについてどんな感じだったかって

簡単に書くと。。

 

5年生の2月初めから、N研にお世話になりました。

それまでは、長期休暇のみS***Xを毎回入塾テストを受けて入っていましたが、

あまりに教科毎の差があり過ぎる為、これを踏まえてS、W、N、Y等検討した結果、

N研に落ち着きました。

(後から考えても、この選択は正解だったと思っています。

 苦手科目(特に社会)の基礎固めとしては非常に良かったと思います。

 また、国語のテキストも良かったと感じています。

 個人的には、先生方が非常に熱心な印象でよかったと思います。)

 

受験勉強を始めるにあたり、本人と話した結果、習い事をどうしても継続したいと

いう強い思いがあり、曜日が重なっていた算数の授業に関しては、自宅で学習する事

に決め、11月までは習い事を続けました。

(実際には、得意であった算数と習い事が重なるクラスに試験で何としても入らなくて

 はならなかったが、ここが運良く(?)入れた為、希望通りに授業を受けられた。

 ただ、教科毎の受講は許されておらず、算数分は丸々お金は垂れ流し。。(涙)

 後、結局、後期から始まる*特ってのは、一度も取りませんでした。

 日曜はほとんど外部の模試と午後はその復習に利用。)

 

目標として設定したのは問題が面白く好きだという理由から、私立では麻*。

横浜在住で公立の中高一貫校第一期生という魅力からサ****フロンティ*。

息子は小学算数では有名な宮*算数教室に4年生ぐらいから長期休暇で行ける時

だけ参加させて頂いており、楽しいらしく大好きだった事もあり、そのまま6年時も

続けさせて頂きました。宮*先生は、毎回受講していた各長期休暇毎に面談をしてく

れるのですが、5年生の冬休みの時に麻*は考えていたのだが、学校は好きな問題の

タイプで選ぶと間違いがないと面談で教えてもらい、麻*と似た傾向の学校という事

で栄*学園を教えて頂き、受験日の関係と問題の傾向から

麻*、栄*、サ****フロンティ* を志望校に設定しました。

これ以外には、試験本番の雰囲気経験の為、また私の実家方面にあるという理由から

6年生のGWには学校見学もさせて頂いた、海*中学特別給費(なんと、6年間無料!!)を受けてみようと決めました。

(目標としている学校レベルが受けてくると想定される為)

 

11月後半に算数の問題がメチャ難と言われる関西のな*中とはどんな感じなのか?と

いう事でWのな*模試を受けてみた所、2ヶ月ぐらい講習を受けると試験に連れて行っ

てくれるという特典の連絡をもらい、麻*、栄*の問題の延長にあるだろうと言う事

で、必ずプラスになるだろうという判断の元、1月のな*受験にも挑戦する事を決めま

した。この為、補強の意味も込め、12月からWの個別で国語を受講、1月はNN麻*

を受講しました。(こちらは共に、麻*対策で、非常に良かったと思います。)

 

11月ぐらいまでは、家庭でもいつも若干ダラダラした感があった息子ですが、流石に12月ぐらいからは受験生っぽくなりました。(こんな直前までダメなのか。。。)

 

おそらく、な*中にチャレンジってのが良かったように思います。

確かに問題のレベルが違いました。。。 これ、ほんとに小学生がやるの?って印象

でしたね。

過去問を入手し、片っ端からそれを解く毎日。

ここは、親として感心するぐらい受験生っぽくなっていました。

おそらく、ここは直前ですが、かなり力がついた時ではなかったかと思います。

(まぁ、こんな直前で実際に力がついたのかどうかは?ですが、そう信じたい。。)

 

そして本番一発目! 12月の海*特別給費生の結果は、ひとまず補欠。

(親としては、ハァ?って感じで、少し拍子抜け。。)

我が家では、今思うと(その時もだが。。)、全く不思議だが補欠になったと喜んで

いた。(アホか。。)

 海*特別給費は、模試ではずっと20%程度の合格可能性だった事もあり、難しいだ

ろうと考えていたのに、補欠。。。って事で、この喜び。。 全くアホです。。(涙)

 

そのまま冬休みも塾とそれ以外の時間は、とにかく、な*の過去問を解き続けました。

(大晦日のダウンタウンの恒例の番組だけは、楽しくテレビ見ながら年越しました。)

1月2日にN研のな*模試があり、トライ!!

この結果が意外にも、N研全体で50位。

(これは、想定外に良かった。前年の合格者数 65名)

ここで更に気持ちに勢いがつき、もしや?なんて期待をしながら、ひたすら直前まで

過去問を解き続けた。

 

Wメンバーと、1/13〜 神戸に向かって出発。(私も一緒に連れて行ってもらった。)

2泊3日の受験遠征は非常に良い経験になりました。

(ぶっちゃけ、息子が試験中親の私は時間潰しでホテルの温泉やらお土産買ったりと

 神戸の街を楽しんでしまいました。。 ごめん。。息子よ。) 

 

しかし。。。

結果は、合格最低点に4点足らず。。。(惜しいっ! でも、ないかな。。)

初日の算数をやってしまったのが、痛かった。

結果を見た雰囲気としては、本人的には悔しそうだったが、自信にはなった模様。

その次の日、突然家の電話が鳴り、妻が出た所、海*からで、繰り上げ合格の連絡!

おそらく、合格者(27名)で、な*受験合格組が合格辞退の連絡を入れた為、繰り

上がったのだと思われる。

ここで、ついに長い受験生活で初めての合格!!

(ただ、そんなに喜んでなかった。。)

 

このまま1月に受講したNN麻*で毎週テストと振り返りを繰り返し、本番を迎えた。

 

結果は、

麻*:合格! 栄*:合格! サ****フロンティ*: 合格!

 

 よって、5戦4勝1敗

 

さまざま経験ができた一年であった。。

ぶっちゃけ、よく家庭内ではピリピリして、怒鳴ったり、叫んだり、泣あり、笑いあり、と様々な事がありました。

 親子共々、かなり精神的にも時間的にも、大変だった一年でした。

 

現在、下剋上受験がテレビでやっていますが、この作者の方の本も2冊ほど読みまし

たが、確かにリアルに経験した人の言葉で、我が家も非常に同じような経験をし、

共感できます。

 

っと、まぁ、こんな感じの一年でした。

 

また、どういう感じで勉強やっていくのが良かったのか?親としてどんな事が良かった

とか悪かった等、来る娘の戦いに向けて、別途、まとめておければと思う。

(彼女が受験するか?は確定ではないが。。)

 

では、おやすみなさい。